桜色に想う
c0049650_023043.jpg 桜、いよいよ満開です。
今年はなぜか桜が気になって仕方がありません。
色彩心理的にいうと桜色(ピンク)は、幸せな気分、愛に満ちた気分の時に響きあう色。またはそういう状態を求めている時に気になる色でもあります。

 桜で思い出す事と言えば、我が家はなぜか桜に縁があります。
この20年で5度の引越しを経験しましたが、どこに行ってもリビングの真正面に桜の木が一本あるのです。
 この季節はまるでベランダに向かうサッシが額縁のようになり一枚の満開の桜の絵を観ているようでした。

 住んだ町の名前も、桜新町、桜ヶ丘・・・
愛らしいsakuraという響き、優しげな「桜」という文字、そういえば昨年からsakuraという唄がたくさんヒットしましたね。
やはり日本人にとっては特別に愛おしい存在なのでしょう。

 またピンクは心理的な緊張を解きほぐしリラックスさせる色。イメージすることで若返りの効果もありますから、いつも心に桜の花を咲かせておきたいものです。
[PR]
by visual-c | 2005-04-07 00:26 | iroiroな色
<< 誕生日に花を。 桜色 >>