痛い配色
 exciteトップの刺激的な広告終わったようですね。
黒に赤、黄の配色は確かに目立ち、広告で必要とされる誘目性という面では役に立つ配色です。目立つ色+目立つ書体+入れ替わる文字。
exciteトップを開くと瞬時に目に入ってきます。
c0049650_14194571.gif

 確かに目立つという役割を果たしたようですが、次にクリックという行動につながるかどうかは別。クリックして次にひろがるページに心地よい(読みたい)画面が思い浮かべばOKですが。

 一応確認のためクリックしました。サイトの配色はグレー~黒の無彩色ベースに赤のアクセント。このバナーから想像するよりすっきりしていました。(ただしプレゼントメニューの配色は?)

 広告の役割は、目につく~中身がわかる~欲しくなる。色彩心理、色彩イメージを正しく利用すればその効果はあがります。
間違えば・・・
中身が伝わらないばかりか広告を載せたページの雰囲気にまで影響してしまいます。

 目に痛い配色・・・は避けたいですね。

 ところで、このひとつ前にexciteトップにアップしていたバナーはよかった。色に惹かれました。
一色訴求、緑が効いてました!!

                          カラーマーケティングコンサルタント 
[PR]
by visual-c | 2005-05-06 17:32 | カラーマーケティング
<< 青嵐  (色彩ミニ事典) ターコイズブルー >>