紫外線対策
 ゴールデンウィーク過ぎから少し気温が下がっていますね。
それでも今日の紫外線指数は「非常に強い」で、肌にダメージが生じるまで
20分前後ということです。

 これから、一年で一番紫外線の強い季節がやってきます。
4月から急激に増え出す紫外線量は6、7月には冬の4倍にもなるそうです。
紫外線対策は万全ですか?

 紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、前者は日焼けの原因に、後者は肌の奥まで届きシミやたるみなどの老化の原因になります。
いくつになっても美を追求する女性だけでなく、いつまでも若々しくいたい男性陣も紫外線にはご用心ください。

 紫外線から肌を守るための対策は各化粧品メーカーにゆずるとして、カラーコンサルタントからは目の日焼け対策をお勧めしたいと思います。

 目の日焼け?
意外に思われるかも知れませんが、実は水晶体は皮膚の細胞なのです。
だから肌と同じように日焼けします。
こうして長年浴び続けた紫外線が原因で、水晶体が白く濁り、ものが見えにくくなるのです。
この状態が「白内障」です。
c0049650_954564.jpg

 できるだけ症状を軽く、進行を遅らせるためにしっかりと予防したいですね。
色の薄い、UV対策仕様のサングラスをお勧めします。
光が強いと濃い色のサングラスで防ぎたくなりますが、それは間違い。
暗いところでは光をたくさん取り込もうと瞳孔が開くので、余計に紫外線も取り込んでしまいます。

 今年のサングラス選びは色で紫外線防止を考えてみませんか?

    ⇒⇒⇒⇒⇒  ビジュアルカラー研究所「ユニバーサルデザインの色彩」へ戻る

                           カラーマーケティングコンサルタント 
[PR]
by visual-c | 2005-05-16 10:03 | ユニバーサルな色
<< 紫は病の色ですか? 青嵐  (色彩ミニ事典) >>