サインの色彩(1)~あっ、オシャレ!!!
 グレアという言葉。
夜中に車を運転していて対向車のライトが目に入って目がくらみ、一瞬周りが見えなくなる。だれでもそういう経験をしたことがあると思います。あれってかなり眩しいですね。
このように、普段見ているものより明るい光が目に入って不快に感じる現象。一般的には「眩しさ」といいますが、照明用語ではグレアといいます。

 このグレア、加齢とともに強く感じるようになり、特に60才ごろから急速に増加します。70才くらいでは20代の約2倍の眩しさを感じるようになります。
さらに80才では約3倍といわれます。

c0049650_1141592.jpg

あっ、オシャレ!!

今年2月に開通した地下鉄新線・周辺地図と出口のサイン。出口番号がとても大きくて、デザイン的にもかっこいい。


でも・・・



内照式のこのサイン、遠くから見ると誘目性・視認性ともにすぐれたサインですが近づいてみるとかなり眩しい。グレアで地図や情報が読み取りにくくなります。
デザインを優先するか・・・機能を優先するか・・・
かっこ良さか見やすさか、やっぱりどちらも追求してほしいですね。

    ⇒⇒⇒⇒⇒  ビジュアルカラー研究所「ユニバーサルデザインの色彩」へ戻る
 
                             カラーマーケティングコンサルタント
[PR]
by visual-c | 2005-08-26 13:33 | ユニバーサルな色
<< サインの色彩(2)~あぁー、何... スポーツ観戦、もう一つの楽しみ。 >>