ウォーム・ビズは地球を救えるか
 先日発表されたクールビズ効果・・・

電力量削減効果が7000万キロワット時程度
温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)に換算すると2万7000トンの削減効果

と、聞いても今ひとつピンとこないこの数字。
一般家庭4800世帯が年間に排出するCO2の量に相当するということです。地球規模で見るとというか日本規模で見てもこの数字がどれくらい地球温暖化防止に貢献しているかは微妙ですがそれでもこれを少しずついろんなところで取り組んでいかないと地球に未来はないのですから。

 どんなシーンでどんな装いをするか、
オンなのかオフなのか、
クールビズだからといって何でもOKではないんじゃないですか?
と突っ込みたくなるような場面もありましたが、来シーズンにはもう少しオシャレな着こなしを見せていただけるものと期待しましょう。

 効果といえば、経済効果もあったようでクールビズ用カッターシャツなどの売れ行きがのびメンズアパレルメーカーやデパートなどではうれしい環境対策だったようですね。
そして今回のウォームビズではさらにその2倍の経済効果が見込まれるとの試算が出されましたが・・・

夏物に比べ冬物は価格も高く、さらに今回は女性もターゲットに。

 でもでも、どうなんでしょう?
もともと女性のファッションは重ね着のバリエーションも豊富ですし、ここ数年は腹巻や毛糸のパンツもすでに流行っていましたし。

ハイテク素材の下着や靴下で保温性を高める提案や、女性にも「厚手のコートに袖無しのセーターといったスタイルはやめて」の呼びかけはうなずけるものの、オンの場面では「毛糸の帽子」ってのはやめましょうね男性の方々。(心の声)

ウォームビズが定着すれば無駄な電力の消費や二酸化炭素の削減には確実に効果はあがるでしょうが。
アパレルメーカーの思惑はどこまで当たるのか、ネクタイ業界の逆襲はあるのか、ちょっと注目してみたいです。

                            カラーマーケティングコンサルタント
[PR]
by visual-c | 2005-09-21 16:51 | NEWSな色
<< イメージは作るもの そのリモコンは使える? >>