ALWAYS 三丁目の夕日
昭和33年―東京タワーが建設中だったあの頃。今ほど裕福でも便利でもなかった。
欲しいものはいっぱいあるけど、まだまだ簡単には手が届かなかった。でも人々のこころには夢があった。夢に向かう人々の触れ合い、暖かさがあった。
テレビや冷蔵庫が登場した夢一杯の古き良き時代・・・
懐かしさとあたたかさと一生懸命さと、いろんな物をいっぱいいっぱい感じてきました。
c0049650_6544663.jpg
always三丁目の夕日


テーマカラーは夕日のオレンジ。
懐かしく、暖かく、希望に向かう色。
家庭的な温かさと、チャレンジ精神・向上心をオレンジが後押ししているようです。

昭和33年。人々は、50年先の未来に、携帯電話やメールが存在するなんて、想像もしていなかったでしょう。そして現在・2005年から50年先の未来―きっと夕日は、今と変わらず美しいはずです。 (HPより)



〔 昭和33年生れの同級生 〕
*東京タワー
*日清食品・チキンラーメン(昭和33年8月23日生れ)
*富士重工業・スバル360(昭和33年3月3日生れ)
*東京コカコーラボトリング・ファンタ(オレンジ・グレープ)
*冷蔵庫脱臭剤・キムコ
*日本初の缶ビール・アサヒビール
*一万円札(聖徳太子)
*月光仮面
長嶋茂雄巨人軍入団、大卒の初任給が1万3467円の時代のこと。
昭和の思い出(はすぴー倶楽部)参照
[PR]
by visual-c | 2006-02-05 06:33 | シネマな色
<< こころで見る色・・・セピア 心の色 >>