街を創る色 --- 守れ!古都の景観
c0049650_3304142.jpgc0049650_3305468.jpg
茶色いマックは京都御所の南西交差点(烏丸丸太町) 白いマックは北西交差点(烏丸今出川)
京都御所の近辺は看板の色も違います。

日本が誇る古都、京の町・・・
近年は今までにもまして観光客が増え続け、特に秋の京都は宿泊先を確保するのは至難の業。
関西生まれ関西育ち、ちょうど実家は京都と大阪の境目。住所は大阪市だけれど一本裏の道路からは京都府・・・そんなところに住んでいました。
大学生時代のデートコースは京都大原三千院、嵐山、鴨川と歩きつくした町並み。
離れてみてどんなに贅沢な景観の中にいたことかつくづく思い知るこの頃です。

数年前に京都駅が新しくなりすっかりモダンに変身。その変わりようには今でも馴染めないのですが、街の中は景観を守るための条例で保護されているため、かなり昔の佇まいを残していると思っていましたが・・・・・
やはり高層マンションが乱立し京都らしい景観が失われつつあるという・・・


京都市は16日、「清水寺から見下ろした町並み」「賀茂大橋から見上げた大文字の送り火」など、38地点にのぼる代表的な眺望を守るため、建物の高さ制限の強化や外観のデザイン、色彩の誘導などを柱とした総合的な景観保護規制策を2007年度にも実施する方針を明らかにした。YOMIURI ONLINE

                                  カラーコンサルタント 
[PR]
by visual-c | 2006-09-25 00:29 | NEWSな色
<< 街を創る色 --- 景観は公共のもの カロリー1/2マヨネーズのその後 >>