ロゴカラー
 新年会でお会いした方から、質問された話より。

 皆さんの会社にはロゴマークありますか?
おそらくほとんどの企業はロゴマークまたはロゴタイプ(社名をデザイン化したもの)があると思います。

 では、その色、つまりロゴカラーが自社の理念や主力商品またはサービスをどのように表しているか話す事ができるでしょうか?
 よく自分の売りたい商品をどれだけ長く多く語れるか・・・と言いますが、もしロゴカラーについてそんな風に語れたら、あなたの会社はずいぶん印象深くなるでしょう。
 
 質問は長年使っているロゴマークの色はどういう意味があるか、自社にあっているか、変えたほうがいいのか・・・という話。
 
 取扱商品がどういうグレードなのか、こだわりは何なのか、ターゲットをどこに絞っているのか・・・その他いろいろありますが、色だけを見て、決める事はできません。
 
 長年の間に取扱商品のポジションも変わり、売り上げが伸びない、ロゴマーク自体が特に意味のあるものとして効果的に使われていない場合(あるにはあるけど名刺に入っているだけ)、ブランドが増え、色が氾濫している場合などは、変えてもいいでしょうね。
 一度、自社のロゴマーク、ロゴカラーについて見直してみませんか?


                        カラーマーケティングコンサルタント 




 因みにビジュアルカラー研究所のロゴタイプは伝統色江戸時代の“粋”を表しています。イメージで言うと“モダン”になります。
「伝統色」「粋・いなせ」についてはまた別の機会に・・・
[PR]
by visual-c | 2005-01-31 17:47 | カラーマーケティング
<< 勝負色 Sale >>