Sale
 新年会でお会いした方から、質問された話より。

 巷では「SALE」の真っ最中ですね。
あの「SALE」という文字は大抵赤で書かれています。赤には購買意欲を刺激する働きがあります。赤を見るとなぜか財布の紐がゆるむ。早く買わなきゃ、あれもこれもとつい手が出るのです。

 もしあの文字が青だったらどうでしょうか。これは買いかな?いや、安物買いの何とかかな?と妙に冷静に考えてしまうでしょう。

 そこで質問「SALEの色が赤と言うのは経験則ですか?」
 答えは「NO」です。

 実験では赤い光にさらされると人は血圧、体温が上がり脈拍、呼吸数が増えます。赤は人間の交感神経を刺激しエネルギー代謝を活性化するからです。

 つまり心や体を興奮状態にする力があるのです。よく言えば気分を盛り上げる、悪く言えば冷静さを失わせる色の代表。

 上手く使えばピカイチの働き者ですよ。


                        カラーマーケティングコンサルタント




 カラーマーケティングでは「赤」は販売色といいます。この色を入れることによって、売り上げが20%上がるという例もあります。
[PR]
by visual-c | 2005-01-27 17:49 | カラーマーケティング
<< ロゴカラー ワインの湯 >>