ワインの湯
 12月24、25日と二日続けて近所のスーパー銭湯に行きました。
クリスマスの二日間だけ用意された特別の湯、「ワインの湯」が気に入ったからです。ワインの湯といっても赤ワインのあの色ではありません。
紫です。そして香りもワインというよりどちらかと言うとラベンダーの淡い香りのような。
それでもそのネーミングはぴったり。なんか贅沢な気分にひたりました。

 紫は傷を負った心や身体に安らぎを与える心理的な癒しの色であることは以前にも書きましたが、ほんとに癒されたひと時でした。

 クリスマスに一人で銭湯?これって寂しい話?かな・・・
[PR]
by visual-c | 2004-12-26 17:52 | iroiroな色
<< Sale サンタクロース >>