時代を創った色彩
c0049650_1003277.jpg

第一回目ということでまだまだこれからなのかなぁ~
と思いつつも、個人的にはとってもおもしろかったテーマ展示ゾーンの「時代を創った色彩」
昭和40年代、50年代は特に懐かしく(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。) ウンウン(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。) ウンウンとうなずきながら見て周りました。
アボガドグリーンの冷蔵庫、当時は新鮮だったけど今見たら古臭~い、だけど褪せた色味がノスタルジック。
カラス族が日本中をとびまわってるかと思うと原宿ではド派手な竹の子族がニョッキニョキ・・・
イエローページの出現以来、今ではすっかりメジャーな色になっている黄色も昔は嫌われ色だったなんて覚えている人ももう少ないでしょう。

景気や時代のムードをそのままうけている流行もあれば、時代のムードを払拭したい願望の現れが次第に流行になっていったり
陰の次は陽、清の次は濁・・・まわるまわる~よ時代はまわる~♪
色は世につれ・・・ですね。

さ~これから どんな色に彩られていくのでしょうか・・・
「色を読む」セミナーのために 仕入れた資料を整理整理の週末でした。
[PR]
by visual-c | 2007-04-16 07:59 | カラーマーケティング
<< パーソナルカラー ―― チョイ... トヨタUDショーケース・・・ユ... >>