笑顔の色
c0049650_18285495.jpg 最近、日本のスポーツ界は若い人の活躍が目覚しいですね。
ゴルフの宮里藍、横峯さくら、卓球の福原愛、そしてこの季節に特に注目されているのがフィギュアスケートの安藤美姫。
年々若い人の活躍が注目されてはいましたが昨年から一気にその年齢がぐっと下がったようです。しかも皆さん世界レベルですから凄いですね。

 スケートの安藤美姫ちゃんはとても17歳とは思えないのですが、演技をしている時、インタビューを受けている時、どちらもその笑顔が素敵です。
さて、その笑顔について先日インタビューで彼女が色を使って答えていました。

 「笑顔でいると心も黒ではなく白になれる」
いつも笑顔でいる訳をこう表現していたのです。
それも笑顔をピンクや黄色などの色相ではなく無彩色の白で表すところがちょっと大人びた容姿の彼女にはぴったりですね。

 色は人の心境や状態を伝える便利なツールです。それだけに使い方を間違えると思わぬイメージを与えてしまいます。

 イメージは万国共通かというと必ずしもそうとは言えません。宗教や気候風土、生活様式などさまざまな要素が絡んで微妙に違いはあります。
もちろん人によっても違うのは当たり前ですね。それぞれに経験してきた事、考える事も違うのですから。
それでもイメージを色で表すと結構共通するところがあります。

 言葉や感情を常に色に置き換える訓練を無意識の内に出来るようになるとセンスも磨かれます。

 先ずは、この言葉は軽い?重い?、柔らかい?硬い?、そして暖かい?冷たい?、または丸みがある?尖ってる?
そんな風に分解して考えてみてください。
どういう色がその言葉を表すか見えてきますよ。
[PR]
by visual-c | 2005-02-10 17:39 | iroiroな色
<< バレンタインデー 定番カラー >>