色と食べ物の深い関係
c0049650_15582960.jpg「味覚は見覚」といってもいいほど私たちは目でも味わっています。

食欲を誘う色をスペクトルで見ると暖色系の色に人気があるといわれていますが、なぜ暖色系の食物が好まれるのでしょう?
それは自然界に暖色系の食物が多いからです。
食物の色相環でみても青や青紫の寒色系の食物はほとんどありません。

ところで色は食欲だけではなく、栄養とも深い関係があります。
赤・・・動物性たんぱく質、ビタミンA
黄・・・ビタミンC、高脂肪、高タンパク質
緑・・・ビタミン類、ミネラル、
白・・・炭水化物

これらの色をまんべんなく取り入れると見た目にも美味しそうなだけでなく栄養のバランスもとれているのです。
[PR]
by visual-c | 2005-11-08 15:10 | おいしい色
<< 心の色 昭和レトロ >>