黒猫
 ブログに黒猫を飼ってみました。
この猫、あちらこちらのブログに登場していますが、捜し求めて私のブログにも飼える事になりました。遊んでやると泣いたり手を出したり、可愛いですよね。
黒猫の名前はRaraです。

 さて、ブログの中のRaraはホントに可愛いのですが、黒猫というとあまりいいイメージがありません。(猫好きの方、ごめんなさい)暗闇の中の光る目を思い出してしまいます。


 また、「黒猫が前を通ったら三歩下がって汚れを落とす」と言う古い言い伝えがあるように昔から黒猫は不吉な暗示とされていたようです。
 動物の中でも突然変異で生まれた白は幸運を呼ぶと尊まれ、黒は黒というだけで嫌われる。白は善、黒は悪という役回りが自然と人々に受け入れられていたのです。今でも白・黒と言うとほとんどの場合そういう使い方がされていますね。

 もともと猫をペットとして飼うという貴族的趣味は古代エジプトに始まりギリシャ、ローマを経てヨーロッパへと拡がって行ったようです。ところが中世になると野良ネコが出てきて街では被害が出るようになってきました。そうした事もあって特に夜、暗闇で目だけが光る黒猫は不気味で人々から疎まれるようになっていったようです。

 また、ちょうどこの頃ヨーロッパでは魔女狩りを行っていました。
人々の魔女に対する恐怖心は強く、魔女が黒猫に化けて街をうろついていると考えられ、黒猫も恐れられたのです。

 そういえば魔女と黒猫といえば、宮崎駿のアニメ、“魔女の宅急便”の中の魔女のキキと魔女ネコのジジの名コンビを思い出します。実は私の一番好きなアニメで、もうビデオが擦り切れるほど繰り返し観ています。
“魔女宅”の中では魔女も黒猫もとてもかわいく描かれていて、街の人とも仲良しなのですが、実際は厳しい差別があったようですね。

 さて、そろそろお昼。今日のネタをくれたRaraと少し遊んでやるとしましょう。(実は遊んでもらっている)
[PR]
by visual-c | 2005-02-25 12:12 | iroiroな色
<< 千と千尋(アニメに見る色彩効果) グリーン >>