<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
紫は病の色ですか?
 先日行われたリエゾン九州・資金研究会の後の懇親会で「色」が話題になりました。色はどこにでもあり、私たちの日常生活とも密着しているので何かと興味ある存在、それでいてなかなか上手く使いこなせない悩みの種でもあるようですね。

 さて、今日はそこでちょっと話題になったある色について。

「むらさき」
紫が病的な色、こころが病んでいる色と言われる事があるのをご存知でしょうか?

 過去に研究された心理学者の発表をみると、紫は情緒不安をもたらす体の機能不全をあらわすと意味づけられていたり、狂気・不安・心配・嫉妬・憂鬱などが連想イメージとして挙げられると言われています。
このようなネガティブなイメージが紫=病的という図式につながっているのでしょう。

 そうかと思えば紫は歴史上最も尊ばれた高貴な色としても知られています。
特に中国や日本では紫は位の高い人の特権で、一般庶民には禁色(キンジキ)とされていました。それは現在のように化学染料がなかった頃、貝紫や紫根からとれる紫の染料は極微量で、大変高価であったからなのです。
その名残で今でも紫は高貴な色という雰囲気を漂わせていますね。

 また現在では紫は癒しの色としてもよく知られています。
そもそも色は波長であり、私たちはそれぞれの波長からさまざまな影響をうけているのです。
たとえば私たちの体の中にある光回復酵素は紫の波長のエネルギーを吸収して損傷を受けたDNAを修復することがわかっています。
だから人は、気力、体力が低下気味の時に紫に惹かれるのでしょう。美しいと感じるのは体が自然とその色を取り入れようとしているからではないでしょうか。
傷を負った心身が自然と紫の波長と響きあっているのです。

 ところで・・・
紫は特に不思議な雰囲気を持った色。そう思いませんか?
それはなぜでしょうか。
本来紫は光のスペクトルにはない色。目(脳)の中で赤と青を混合して作られる色です。刺激的で外に向かう赤の性格と、静的で求心的な青の性格、まったく正反対の両面をもつ。そう思えば不思議な意味がわかるような気がします。

                               カラーマーケティングコンサルタント

 
[PR]
by visual-c | 2005-05-26 23:20 | iroiroな色
紫外線対策
 ゴールデンウィーク過ぎから少し気温が下がっていますね。
それでも今日の紫外線指数は「非常に強い」で、肌にダメージが生じるまで
20分前後ということです。

 これから、一年で一番紫外線の強い季節がやってきます。
4月から急激に増え出す紫外線量は6、7月には冬の4倍にもなるそうです。
紫外線対策は万全ですか?

 紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、前者は日焼けの原因に、後者は肌の奥まで届きシミやたるみなどの老化の原因になります。
いくつになっても美を追求する女性だけでなく、いつまでも若々しくいたい男性陣も紫外線にはご用心ください。

 紫外線から肌を守るための対策は各化粧品メーカーにゆずるとして、カラーコンサルタントからは目の日焼け対策をお勧めしたいと思います。

 目の日焼け?
意外に思われるかも知れませんが、実は水晶体は皮膚の細胞なのです。
だから肌と同じように日焼けします。
こうして長年浴び続けた紫外線が原因で、水晶体が白く濁り、ものが見えにくくなるのです。
この状態が「白内障」です。
c0049650_954564.jpg

 できるだけ症状を軽く、進行を遅らせるためにしっかりと予防したいですね。
色の薄い、UV対策仕様のサングラスをお勧めします。
光が強いと濃い色のサングラスで防ぎたくなりますが、それは間違い。
暗いところでは光をたくさん取り込もうと瞳孔が開くので、余計に紫外線も取り込んでしまいます。

 今年のサングラス選びは色で紫外線防止を考えてみませんか?

    ⇒⇒⇒⇒⇒  ビジュアルカラー研究所「ユニバーサルデザインの色彩」へ戻る

                           カラーマーケティングコンサルタント 
[PR]
by visual-c | 2005-05-16 10:03 | ユニバーサルな色
青嵐  (色彩ミニ事典)
昨日のテレビニュースで気象予報士さんが言っていた言葉。

 青嵐とは・・・初夏に吹く新緑の木々をゆらす強い風のこと。

青々とした緑の葉をゆらし・・・嵐と言っても青とつくと何となくさわやかな雰囲気。
ところで色濃く茂った緑を形容することばとして「青々と」という表現を使うのはなぜでしょうか。

 大昔、まだ色の認識がなかったころ、あるのは明るいか暗いかだけの見分け。
そこから次に生まれたのは白と黒。明るい色はすべて白、暗い色はすべて黒、とされていました。次に生まれたのが赤。この頃は黄色もオレンジもその辺りのいわゆる暖色系の色はすべて赤とみなされていました。その後、黄色と緑が生まれ、青も最初は緑に含まれていました。

 今でも時々暖色系をあか、寒色系をあおと総称している場合がありますね。
「あの女性はあかっぽい服を着ていた」決して赤い服ではないのですが、赤に近いような色味の明るい色をこんな風に表現してみたり、信号の青も厳密には緑に近い色ですが、青と呼んでもさほど違和感がないのは色名の発生の歴史に由来するのかもしれません。

                           カラーマーケティングコンサルタント
[PR]
by visual-c | 2005-05-07 15:24 | 色の取説
痛い配色
 exciteトップの刺激的な広告終わったようですね。
黒に赤、黄の配色は確かに目立ち、広告で必要とされる誘目性という面では役に立つ配色です。目立つ色+目立つ書体+入れ替わる文字。
exciteトップを開くと瞬時に目に入ってきます。
c0049650_14194571.gif

 確かに目立つという役割を果たしたようですが、次にクリックという行動につながるかどうかは別。クリックして次にひろがるページに心地よい(読みたい)画面が思い浮かべばOKですが。

 一応確認のためクリックしました。サイトの配色はグレー~黒の無彩色ベースに赤のアクセント。このバナーから想像するよりすっきりしていました。(ただしプレゼントメニューの配色は?)

 広告の役割は、目につく~中身がわかる~欲しくなる。色彩心理、色彩イメージを正しく利用すればその効果はあがります。
間違えば・・・
中身が伝わらないばかりか広告を載せたページの雰囲気にまで影響してしまいます。

 目に痛い配色・・・は避けたいですね。

 ところで、このひとつ前にexciteトップにアップしていたバナーはよかった。色に惹かれました。
一色訴求、緑が効いてました!!

                          カラーマーケティングコンサルタント 
[PR]
by visual-c | 2005-05-06 17:32 | カラーマーケティング