ワンランク上へ(コンビニ・カラーマーケティング)
~カラーマーケティングの視点からコンビニウォッチング~

 最近はどこにでもコンビニが進出していてとても便利になりました。
昨年地下鉄西新駅構内にファミリーマートが初登場したと思ったら、先月オープンした天神地下街にはローソンがあります。

 確かにどこにでもあれば便利。
ただ、コンビニのどこからでも認識できるように考えられたあの派手な色調の看板や明るすぎる店内照明は施設や環境などのコンセプトと上手く調和するのが難しそうです。

 そんな中、高級ブティックが並ぶコンセプトビルやオフィスなど高級感のある特定施設内に新しい形態のコンビニを展開しているのが“ファミマ!!”
(ファミリーマートの略ではなく、これがブランド名です)
先月東京汐留ビルディング内にオープンしたPedi汐留にも入っています。

昨年、東京恵比寿のガーデンプレイスを訪れた時にカラーウオッチングしてきましたので今回はちょっとご紹介。


 さて、「ファミマ!!」と「ファミリーマート」どこが違うのでしょうか。

c0049650_1755136.jpgc0049650_1762026.jpg







まず、ロゴが違う。従来のブルーとグリーンの組み合わせとは全く違う黒字に白抜き文字のモノトーンでシックにまとめています。

店内の床はローズウッド調のフローリングで落ち着いた雰囲気を出しています。
棚も床と同系色の木目調で高級感を出しながら、洗練されたイメージのステンレスのフレームと絶妙なバランスを保っています。
そして木目とモノトーンのシックな配色の中にしっかりきかせているコーポレートカラーのライムグリーンがさわやかさを、ポイントカラーの黄色が楽しさを演出しています。

c0049650_16523043.jpgc0049650_16524383.jpg

さらに照明はブティックのようにダウンライトを併用。並べられた商品を浮かび上がらせるようにスポットライトも配置されています。商品もファミリーマートの半分以下でしょう。ゆったりと買い物できるスペースを確保しています。

そういう高級感あふれる店舗設計ですから商品も普通のコンビニより少々高めのいいものを厳選しています。特に輸入物のカラフルなステーショナリーが人気のようです。

少々高くてもこの雰囲気なら許せそうですね。

次回“ワンランク上へ”はファーストフード。(予定・・・)

                     カラーマーケティングコンサルタント
[PR]
# by visual-c | 2005-03-09 17:40 | カラーマーケティング
八朔の色
c0049650_094128.jpgc0049650_010688.jpg 







柑橘類にはいろいろありますが、中でも私の大好きなのが八朔。そろそろ季節らしく店先に見かけるようになりました。

 さて今日はちょっと色彩効果のお話。
同じ柑橘系でもレモンの黄色とみかんの黄色は違う色味。
アメリカの色彩心理学者ロバートドアによるとすべての色は青みのあるブルーベースと黄味のあるイエローベースに分類されます。
ブルーベースは涼しげでさわやかな色味、一方のイエローベースは温かみのある色味。
柑橘系で言えば、レモンの黄色はブルーベース、みかんの黄色はイエローベースです。ブルーベースの方はさわやかさとともに酸味を感じますがイエローベースの方は甘みを感じます。

 さて、この八朔はどちらでしょうか。
レモンよりは温かみのありそうな色ですが、オレンジよりは酸味がありそうな微妙な色です。そのままの色を見るとどちらかと言うとすっぱそう。

 そこで「よく売る」ための色彩マジックが写真の赤いネット。
色の同化現象(組み合わせた色味に近づいてみえる)を利用しています。
同じ八朔ですが、ネットに入っている時は橙がかって甘みが強そうです。
実際買って帰って、ネットから出してみるとこんなに違う色なの?と驚く程です。枝豆やオクラの入っている緑のネットも同じ効果を利用して、より美味しそうな鮮やかな緑に見せるための工夫なのですよ。
 
 それにしてもこの八朔にはだまされました。さて、お味の方は・・・
[PR]
# by visual-c | 2005-03-07 00:30 | 色の取説
ひな祭り
c0049650_11403395.jpg 3月3日、今日はひな祭り。
一ヶ月前から事務所の玄関に小さな巻き雛を飾っています。
 毎年わからなくなって、いろいろお雛様が載っている雑誌など取り出してみるのですが、ますますわからなくなる事があります。
 お雛様とお内裏様どちらが右でどちらが左?
いろいろなんですよね。 なぜ? と思いながらも、なんとなく気分で決めていましたが今年は気になって調べてみました。

 歴史上、右上位ということもあって、昔は向かって右が男性、左が女性だったということです。明治維新以降の西洋化が皇室にも影響し、昭和天皇即位の際から西洋式(男性が向かって左)になりました。
でも、伝統を重んじる京都では今でもお雛様を向かって左に飾るようです。
どちらも間違いではなかったのですね。

 ところで、昨日テレビ「トリビアの泉」で三人官女の中央の女性は既婚者であると言ってました。本当らしいです。三人官女といえば若い女性を想像していましたが、中央の一人だけが年配。既婚者のしるしである眉をそり、歯も黒いそうです。
歯が黒いといえばお雛様も既婚者ですからお歯黒です。これは公家文化の名残。

 最後にお供えの菱餅の色、あの三色の意味も興味深いです。
どういう順番か思い浮かびますか?
下から白、緑、紅と決まっています。白は雪積もる冬の大地を、次に芽吹く若葉の緑、そして紅は春に咲く桃の花をそれぞれ表しています。冬から春へ移り変わる季節を表す色です。
[PR]
# by visual-c | 2005-03-03 23:40 | iroiroな色
千と千尋(アニメに見る色彩効果)
 前回、「黒猫」で宮崎駿の“魔女と宅急便”が一番好きなアニメと書きましたが、他にも“トトロ”や“千と千尋”は何度見ても飽きる事がありません。
 ストーリーもさることながら、注目しているのは何と言ってもその色使いです。
スタジオジブリの作品は保田道代さんが色彩設計されているのはテレビなどで紹介されていますがその緻密な色彩設計にはいつも感心させられます。

 同じ白を使うのでも、白にもいろんな白があります。エスキモーなどは100色もの白を見分けると言われていますが、私たちもそこまではいかなくてもある程度の違いは見分けます。そしてその違いによって暖かく感じる白もあれば冷たく感じる白があることをなんとなく感覚的にわかっているのです。
そう、無意識下で。

 さて、千と千尋ではどのように白を使い分けていたか。
千(千尋)は人間らしさを出すために温かみのある黄味がかった白を、ハクは別世界に存在し人間ではないため冷たさを感じさせる真っ白を使っています。服の色も千は暖色系で影はグリーン系なのにくらべ、ハクの服は寒色系で影はグレーを使用し、すべてのシーンでこの色の使い方は徹底されたそうです。

同じ色でも表現したいものを表すのに適した色味を使う事で、伝えたいメッセージが違和感なく自然に伝わります。
商品の色、パッケージの色は中身を上手く伝えてますか。
広告の色、サイトの色は紹介したい事を正しく伝えていますか。
色彩は何となく決めるものではなく理論的に設計されるもの、スタジオジブリのアニメの中にはヒントがいっぱい隠されています。
[PR]
# by visual-c | 2005-03-02 23:55 | シネマな色
黒猫
 ブログに黒猫を飼ってみました。
この猫、あちらこちらのブログに登場していますが、捜し求めて私のブログにも飼える事になりました。遊んでやると泣いたり手を出したり、可愛いですよね。
黒猫の名前はRaraです。

 さて、ブログの中のRaraはホントに可愛いのですが、黒猫というとあまりいいイメージがありません。(猫好きの方、ごめんなさい)暗闇の中の光る目を思い出してしまいます。


 また、「黒猫が前を通ったら三歩下がって汚れを落とす」と言う古い言い伝えがあるように昔から黒猫は不吉な暗示とされていたようです。
 動物の中でも突然変異で生まれた白は幸運を呼ぶと尊まれ、黒は黒というだけで嫌われる。白は善、黒は悪という役回りが自然と人々に受け入れられていたのです。今でも白・黒と言うとほとんどの場合そういう使い方がされていますね。

 もともと猫をペットとして飼うという貴族的趣味は古代エジプトに始まりギリシャ、ローマを経てヨーロッパへと拡がって行ったようです。ところが中世になると野良ネコが出てきて街では被害が出るようになってきました。そうした事もあって特に夜、暗闇で目だけが光る黒猫は不気味で人々から疎まれるようになっていったようです。

 また、ちょうどこの頃ヨーロッパでは魔女狩りを行っていました。
人々の魔女に対する恐怖心は強く、魔女が黒猫に化けて街をうろついていると考えられ、黒猫も恐れられたのです。

 そういえば魔女と黒猫といえば、宮崎駿のアニメ、“魔女の宅急便”の中の魔女のキキと魔女ネコのジジの名コンビを思い出します。実は私の一番好きなアニメで、もうビデオが擦り切れるほど繰り返し観ています。
“魔女宅”の中では魔女も黒猫もとてもかわいく描かれていて、街の人とも仲良しなのですが、実際は厳しい差別があったようですね。

 さて、そろそろお昼。今日のネタをくれたRaraと少し遊んでやるとしましょう。(実は遊んでもらっている)
[PR]
# by visual-c | 2005-02-25 12:12 | iroiroな色
グリーン
c0049650_1691669.jpg 春物ファッションにグリーン、明るい黄緑が多く見られます。薄手のセーターなどはもちろん、スプリングコートやバッグ、靴にも展開されています。
まだ寒い日も続く中、若葉の季節を思わせるディスプレイは目に新鮮に映ります。

 数年前まで緑は最も売れない色でした。唯一日本で緑がうれているのは仙台だけという統計もあったくらいです。(これはまた別の機会に)

 好きな色としては緑をあげる人は多くいます。緑は自然や安らぎなどいいイメージがあるので好ましい色として選ばれる事が多いのですが、実際の商品となると好きな色としては選ばれないのです。
イメージの嗜好と実際の嗜好にはギャップがあるという事です。

 ところがここ2~3年前から緑の人気があがっています。今まで以上に環境や自然によせる思いが強くなっているからでしょう。
飽色の時代、人工的な色に飽きた人々が次に求めるのは自然の色。
と同時に今まで使われていなかった色。

 新鮮な色としては今までほとんど使われなかった青緑が注目されていますがこれは最も人工的な色、自然界には存在しない色です。

ディスプレイに現れたグリーンは新緑を思わせる明るい黄緑と目に新しい青緑。
高級ブランドとディスカウントショップの両極が平行して流行る時代、色の好みでも現代人の感情の複雑さを表しているようです。

                        カラーマーケティングコンサルタント
[PR]
# by visual-c | 2005-02-20 16:35 | カラーマーケティング
天神地下街ニューオープン
 地下鉄七隈線開通とともに天神地下街はNEW AREAのオープンで連日賑わっています。私の事務所は天神南駅のすぐ近くですので、地下街が伸びて大変助かっています。特に寒い日、雨の日は大助かり。

 という事で、毎日通勤に通っていますから、いろいろウォッチングしています。もちろん「色」を通して。

 さて、天神地下街が暗い・・・ことについて。
大阪、東京、福岡と移り住んでいますので各都市の地下街を利用してきましたが、天神ほど暗い地下街はないですね。
初めて足を踏み入れたときは、異様な感覚を覚えました。
あまり来たい場所とは思えませんでした。ですからショップに入ってみることもなく、ただの地下通路として利用していたような気がします。
 その後仕事仲間から、天神地下街のコンセプト「19世紀のパリの町並み」と聞き、やっと納得したものでした。レンガの通りや流れるシャンソンも、そうと聞けば納得します。

 地下街はここ1~2年、店舗の入れ替わりが激しく、その度に新しく入る店舗の照度が高くなり、以前よりは明るくなっていました。
ただ飛び飛びにそういう店舗があるので、しかも既存の店舗との照度差が激しいので、無秩序でせっかくの地下街のコンセプトを壊しているのが気になる所でした。

 さて、今回新しく伸びたエリアは天井がドーム型で高さも少し高くなったようですがそれでも若干圧迫感があるのは、天井の仕上げ材が鉄であること、色が暗い事が原因と思われます。

 配色は上に行くほど明るくするのが自然です。床~壁~天井と明るくなるのです。これが逆になると上から押さえつけられるような圧迫感があります。
天井を暗い色にするのは、クラブなど特別な雰囲気を出したい場合に限られます。

 以前から天井の仕上げ材を替えればずいぶん雰囲気は変わるのにと思っていましたから、今度はどうするかと楽しみにしていたのですが、やはり旧地下街とのつながりを考えたのでしょう。
多少の違いは色を変えているところ。レンガ通りは床・壁のレンガ色に合わせてグレイッシュなグリーン(補色配色)、石畳通りはグレー(同一色相配色)。どちらも明度は上げているようですがアールデコ調の模様のすき間から見える天井が黒いのでやはり暗い天井である事は変わらないのが残念です。

 Saleも終わり、ウィンドウはすっかり春模様。しばらくは地下街のカラーウォッチングを楽しみたいと思います。今年はグリーン系がたくさん出ていますよ。

                        カラーマーケティングコンサルタント 
[PR]
# by visual-c | 2005-02-16 23:31 | カラーマーケティング
バレンタインの色Ⅱ
 昨日のバレンタインデーはいかがでしたか?
 
 バレンタイン当日のチョコ売り場は騒然としていました。この日に慌てて買っているのは義理チョコか、家族へのプレゼントかなと思いつつ私もしっかり売り場にいました。
 先日紹介したパッケージが気になって買い足しに、それともう一つ気になった事があったので確かめに。

 先ず、驚いた事。先日買ったチョコ売り場がなくなっていたのです。当日でまだこんなに人がいるのに・・・。売り場の人に聞いてみたら、チョコ売り場は日によって移動するショップやすでに撤退したところもあるとか。
そうと知っていれば一週間くらい毎日覗いておけばよかった。

 ところで気なる私の買ったチョコショップはどうなったか。

 実はそこはバレンタインだけに出店している輸入チョコや東京あたりの人気パティシエのショップではなく、普段から三越の地下に店舗がある洋菓子やさんだったのです。この時期、三越はバレンタイン売り場を特別に設けて、そこにショップをあつめています。買う方にとっては比べやすく、何より活気だちますから、気分は盛り上がり購買意欲が刺激されます。私のようにパッケージに惹かれて買う人、自分用にも買ってしまう人も出てくるわけです。

 かなりのショップが出店していましたから、売り場面積的にも足りなかったのかも知れません。例のショップは既存のコーナーに戻っていました。
そちらでもバレンタイン用のチョコはまだ販売中でしたが、私が買ったカラーバリエーションのあるパッケージはありませんでした。完売したそうです。
他の色を買い足したかったので残念!とともに、なんだか嬉しくもありました。

 ところで気になっていたもう一つの事。
先日行った時に、全く客の寄り付かないショップを見て、そのパッケージのカラーリングに疑問を持っていたのです。どうしても確かめなくてはと思っていましたら、やはり同じ、閑古鳥が鳴いています。しかもそういう状況が他にも2店舗あって、その三つのショップには共通する事がありました。
パッケージ、包装紙の色が黄色なのです。
黄色に茶色のリボン、黄色に赤のリボンどちらにも共通しているのが、安っぽい鮮やかな黄色だという事。確かにチョコの色である茶色は黄色や橙の系統、つまり同系色なので配色的には合うはずなのですが、今回の色は間違いです。

 よい色というのは目的にあった色、役割を果たしている色であり、顧客に喜ばれる色でないといけません。
特に今年のように高級志向がはっきりしているところに安いイメージの黄色はタブーです。
結果が確認できただけ私としては収穫でした。

                        カラーマーケティングコンサルタント
[PR]
# by visual-c | 2005-02-15 14:18 | カラーマーケティング
コンサート
 12日はMisiaのコンサートに行ってきました。
やっぱりeverythingはいいですね。

 忙しい、忙しいと言いながら、コンサートに行くなんてどういう事?
と、お叱りを受けそうなのですが。
コンサートに行くのは音楽を楽しむ目的の他に、私にとってはもう一つの楽しみがあります。それはある意味仕事でもあります。
そう、照明効果を見に行くのです。

 色はもともと光の中にあるもの。光のないところに色は存在しません。
私たちが見ている色は光そのものの色か、物質にあたった光の内、吸収されずに反射している光の波長です。

 コンサートのライティングは音楽を盛り上げ、聴衆を幻想の世界に引き込む重要な意味をもっています。光、色を使って人の心を揺さぶり、音に酔わせます。
特に紫や青紫の光は非日常の世界を演出するにはぴったりですね。
今回は松明も使われていて、ちょっと驚き。会場からも歓声があがりました。
人は火を見るとなぜか何とも言えない懐かしさを覚えます。

 コンサートの間中、この楽曲にはこの色か、この光だとこんな雰囲気が出せるのか、とそんな事ばかり考えているのは私ぐらいのものかなぁと思いながらひたすらマリンメッセの天井を見上げていました。

 コンサートだけではなく、演劇・歌舞伎なども照明や色彩で偽の奥行きをどのように出すかなど参考になる事がたくさんあります。
その他、色使いが気になる映画はもちろんの事、話題の作品が来る美術館には必ず足を運ぶようにしています。
センスを磨くには、できるだけいいもの、本物を数多く見る事ですね。

 さて今月はもう一つ。アレグリアもいい席を取っていただいたので、楽しみです。
[PR]
# by visual-c | 2005-02-14 08:58 | iroiroな色
バレンタインデー
c0049650_14291794.jpg サッカー日本vs北朝鮮戦が終わって、昨日に続きしばらくスポーツネタを書きたいと思っていましたが、その前にこの時期、どうしても取上げないといけない事。

 そう、バレンタインデーです。

 一ヶ月も前からデパートではバレンタイン商戦が繰り広げられていましたが、いよいよ来週に迫りこの三連休が闘いの山場です。

 今年の人気は高級海外ブランドと国内人気パティシエ。
手作りと平行して高級チョコ志向はここ2~3年続いていますが、今年はさらにその傾向が強いと言うのは売り場に近づいた瞬間わかります。

 愛を伝える甘いチョコの代表色のピンク、ローズ、ワイン系のパッケージが少なくそれに変わって、高級感を伝える黒や濃い茶色のパッケージが半分以上を占めています。
もちろん売り場のベースはお決まりのピンク、売り子のお姉さま方もピンクのユニフォームは相変わらずなのですが。

 パッケージも赤やピンクが氾濫する中に黒があるといかにも高級そうで存在感があります。本命チョコとしては欠かせない定番色になった「黒」ですが、こうも同じ傾向が展開されると、どこを選べばいいかわからなくなります。
 決め手はやはり「お味」と言うことで各ブランドとも試食に力を入れているようですが、それもあまり食べ比べ過ぎて結局よくわからない。

 やっぱり私はパッケージで選ぶ事にしました。

 私の目を引いたのは、黒いシンプルなパッケージなのですが、ふたの裏にカラーバリエーションがあるもの。本来黒は周りの色をより美しく見せる効果に優れているのでディスプレイのベースに使うと力を発揮します。ここでも、ふたの裏の色がより美しく印象的に見えます。箱の形は丸と四角の二種類。カラーはピンク、ラベンダー、オレンジ、黄色、黄緑の5色でした。
ぜ~んぶ買いたくなります。

 ところで、日本では女性から愛を告白する日として大イベントとなっているバレンタインデーですが、本来は男性からもOKなのですよ。
どうぞ、ご遠慮なく・・・

                        カラーマーケティングコンサルタント
[PR]
# by visual-c | 2005-02-11 14:42 | カラーマーケティング